トップイメージ

現在の金利の状況

もっと積極的に借金を早く無くしたい、または、もうすでに利息の支払いだけでいっぱいいっぱいだ、という人には「任意整理」という方法をおすすめします。これは貸金業者と私たちの間に、弁護士や司法書士などの専門家に入ってもらうことで、現在の借金を返済しやすい状態に整理するというものです。に充てられていますか?毎月毎月支払いを続けているのにちっとも元金が減っていないという様なことはありませんか?

ただ私見ではそこはやはり将来の金利変動がどうなるか?というによるのだろうと思います。たとえば、例の変動金利の場合 仮に2年返済後に金利が3.0%まで急騰するような状況を想定するならそれが、一年、二年というスパンになると更に差が開く。その意味では 自分なりに将来の経済状況や金利動向を十分に予想して、いろいろと返済計画のシミュレーションをした上で変動金利を選ぶのか、固定金利を選ぶのかを決めるべきだと思います。固定の方が21111円多く支払ったのに、一回目の支払が終わっただけ(一ヶ月間)で変動の方が残債が14514円早く減ったことになる。

現在の金利の状況は かなり低い水準にあり、将来的には上昇するとの見方が一般的です。「過払い金」という言葉をご存知の方も多いと思います。任意整理ではこの過払い金が重要なポイントを占めてきます。だいたい5年以上も借金の返済を続けている人であれば、過払い金が発生している可能性があるといわれています。いわゆるグレーゾーン金利で支払っていた利息を返してもらうのです。借金を整理するこれによって、人によっては大幅に借金が減ったり、中には全く借金が無くなってしまうということもあります。一般的に固定金利が選択される理由は 返済金額が変化しないので 安定的な返済ができるという点です。

借金を無くすには、言うまでもなく元金を減らしていかなければいつまで経っても無くなることはありません。それどころか、もしそんな時に新たな出費があったとしたら、そのまま借金が増えていくばかりです。終いには利息を払うこともままならなくなり、他の貸金業者から借金をして返済を続けるようになってしまいます。確かに固定金利は変動金利より高いですが、現状の金利水準のメリットを享受するという考え方で目先の返済額の違い等はあっても長い将来にわたってのリスクを回避するのは決して間違った意思決定ではないでしょう。

固定と変動の差額2万を繰り上げ返済

当初はどちらも利息の割合が多いですが、金利差があるので一か月の支払金額にしめる元金が変動型の方が大きいので早くに借入元金が減っていくという事です。しかも、固定と変動の差額2万を繰り上げ返済にまわせば、変動は更に早く残債が減らせるんだけど、みんな知ってた?

住宅ローンや自動車ローンなどが良い例ですよね。そこで一番手っ取り早く利息を減らすには、いくつかある借金を一つにまとめてしまうことなのです。最近では借金の「おまとめ」を目的とした商品が多くなっています。もし自分の借りている業者にそういった商品があり、自分の借金をまとめられるのであれば、より返済しやすい借金に変更することが出来るでしょう。

おそらく 筆者の言わんとしたいことは 現状の金利水準だと例の状況では 毎月返済額は固定の方が2万以上多いのに元金の減り方は少ない状況ですが それでも固定を選択しますか? ということだと思います。 利息というものは、借金の元金に対して課せられています。もちろん元金が減れば利息も減るといえますが、実は多くの貸金業者では借金の残高が低いほど金利が高くなるという仕組みになっているのです。一般的に多くのお金を借りた方が金利は低くなります。

過払い金の計算は素人では難しいこともありますし、業者との交渉も個人では上手くいかない場合が多いです。法律のプロの手を借りて、手に負えなくなった借金を見直してみてはいかがですか?利息だけを払い続けても生活は代わりません。思い切って整理して、新しい人生を歩き出すきっかけにしましょう! っての言いたい記事かと。

毎月の利息を減らすには?その後の返済額は毎月 ¥113,549- に急騰する上 元金の減り方も固定のケースより少なくなる状況に変化します。変動型と固定型の金利差の事だと思います。

ページトップへ