トップイメージ

軽微な遅延を繰り返すと

職業に関しても、公務員や大手企業の正社員が最も信用が高く、正社員、自営業、パート、アルバイトの順で信用度に違いが出てきます。また連絡先は固定電話がある方が評価が高いのも覚えておきましょう。(連絡先を携帯電話にすればかかってくることはありません)おまとめローンを考えている方は、100%多重債務ですよね?3ヶ月以上の延滞が一度でもあると信用情報機関に事故情報が掲載されてしまい、審査には絶対通らなくなります。短期間の多重申込はお金に困って申込みを繰り返していると判断されてしまうのです。1社あたり150万円まで借りるには相当の返済実績と安定した年収など信用が高いものになります。また、数日遅れただけという遅延でも信用情報には掲載されますが一度や二度であれば大きな影響を与えることはありません。ここではおまとめローンの審査基準について分かりやすく解説し、審査に通るための傾向と対策も紹介していきますので参考にしてみてください。

どんな職業でも安定した年収があれば審査基準は満たせます。注意点として携帯電話の機種代分割払いも立派なローンです。基準として1ヶ月で3社以上申し込んでいる実績がある場合はいわゆる【申し込みブラック】という状態に陥り審査に通りにくくなります。これも遅れると信用情報に掲載されることになるので注意が必要です。ここで大事なのは【安定】です。申込状況も信用機関にはきちんと掲載されていますので隠すことはできません。当サイトでは基本的に審査が柔軟な銀行カードローンを紹介しています。長ければ長いほど評価が高くなるのは当然ですが、その職について1年以内だと審査通過は厳しくなります。そんな方達のほとんどは審査に通るかどうか不安に思っていることでしょう。

しかし、何度も何度も軽微な遅延を繰り返すと事故情報に格上げされてしまうので、やはり審査には通らなくなります。また居住年数も長いほうが良いとされており、賃貸住宅の場合は居住年数の長さが評価につながりやすくなります。もちろん、おまとめも借り換えもOKというカードローンしか紹介してませんから安心してくださいね!住宅ローンのない持ち家>住宅ローンありの持ち家>賃貸住宅>社宅>公営住宅しかし、5社で300万円だと1社あたり60万円と返済に困って多重債務を重ねたのでは?と疑われてしまいます。まずは大前提!おまとめ特化ローンとおまとめOKな銀行カードローンの審査の違い例えば5社300万円借りている方と、2社で300万円借りている方だと、金融機関からの審査評価は断然【2社300万円】で借りている方のほうが高くなります。

このように、同じ借入金額でも借入件数が少ないほうが審査に通りやすくなります。ただ申込情報は6ヶ月で消滅する情報なので、そのような場合は6ヶ月経ってから申し込めば影響ありません。おまとめ特化型ローンの審査は厳しいことで有名です。年収1000万でも月収が10万円の月もあれば200万円の月もあるというような不安定な仕事だと評価されづらくなります。

持ち家があると評価はぐんと上がります。自分の所有、家族の所有にかかわらないところがミソです。その順に評価が変わります。逆に年収200万円でも毎月一定の収入がある方が審査の評価としては高くなることを覚えておきましょう。収入証明書は必ず必要になりますし、担保や保証人を必要とする場合もあり、本当に困っている人がおまとめできないという矛盾が発生してしまいます。

ページトップへ